有名な会社がおすすめ

引っ越し業者といいましても種類はほんとに様々です。
大きな会社から小さな会社までありますし中には運送業者も引越サービスを行っているところもあります。
また料金も会社によって様々です。
一般的に大手の会社の場合は料金も高めの場合が多いです。
なぜ高いのかといいますとそれだけ質の高いサービスを提供してくれるからです。
大手であれば無料のサービスも充実していますし基本的に作業スタッフも優れた人が多いです。
ご自身が何を求めるかによって頼む業者も変わってくるとは思いますがまずは利用者のことを第一に考えてくれる会社を選ぶようにしたいです。
値段の安さが評判の会社もありますが中には荷物を運べばいいと思い接客態度も悪いような会社があるのも事実です。
まずはネットの口コミなどを見て安心して任せることができる会社かどうかを判断してから決めるのがいいかと思います。
また訪問見積もりを依頼すればその会社の営業スタッフがきますが営業スタッフの対応を見てその会社がどのような会社なのかがだいたいわかるかと思います。
わたしの経験をお話しますとやはり知名度が高い大手の会社は対応もいいです。
逆に無名の会社の場合は質が低いところが多いです。
もし安心感を求めるならば有名な会社の方がおすすめです。
確かに値段は高いですがスタッフの作業スピードや接客態度などは万全です。
例えばアート引越センターは有名な会社ですが「荷物を迅速丁寧に」運ぶということはもちろんですが利用者のために様々なところまで配慮してくれています。
近所へ無料挨拶品を配ってくれたり新居での作業は靴下を新しく履き替えてくれるなど徹底しています。
またヤマト運輸、クロネコヤマトも人気です。
クロネコヤマトといいますとは運送業社のイメージが強いかと思いますが引っ越しサービスも行っていてかなり人気が高いです。
あれだけ大きい企業ですのでネットワークは全国を網羅していますし作業スタッフへの教育も行き届いています。引越し事業の評判が悪ければ宅配事業まで悪影響を及ぼしかねません。
もしも対応が悪かったりしたら今はすぐに悪いクチコミは広まってしまいます。
引っ越し業者の口コミなどを見てもかなり厳しい意見が並んでいる会社も多いです。
その点ヤマト引越しの体験談などを見てみると満足したという意見が多いです。
利用者が満足していくれるかということを最優先に考えてくれる会社だからだと思います。
またヤマトは単身者にも人気が高いようです。
どこにしようか迷っている方はヤマトに頼んでみるのも悪くはないかと思います。

引越しの見積もり

引越しの荷物は自分で運ぶのもお金がかからないという点ではいいですが、荷物が多い場合は搬送は業者に依頼した方がいいと思います。
引越し業者に依頼する場合には比較をするのが一番大事です。
引越し業者の見積もり料金は地域や荷物量や拘束時間などによって会社によりかなりばらつきがありますので、必ず複数の会社、できれば5社ほどは見積もりを取ったほうがよいです。
その際はサイトなどから申し込むのではなく、実際に会社に電話をして自宅まで見積もりに来てもらうことが安く済ませる方法です。
その際には「複数の引越し会社に見積もりを頼んでいるので一番安い会社にしようと思っています」と伝えることです。
これでかなり値引きしてもらえることが期待できます。
またどうすればコストを抑えることができるのかいうことを営業マンに質問するのもいいです。
また見積に来てもらう前に荷物を少なくしてゴミは捨てておくことです。

必要のない洋服や雑誌などをいつまでもとっているという人もいるかもしれませんが
ワンシーズン着なかった洋服はおそらくもう着ないと思います。
思い切って捨てると荷造りも楽になりますし引越し費用も安くなります。

見積もりをすれば高いところと安いとことが出てくると思いますが値段だけで選ぶのはおすすめできません。
多少金額が高かったとしても営業マンの対応やサービス内容が良かった引越し業者に頼むのが安心です。

引越しのスケジュール

引越しが決まればやることが多くあります。
まずは新居が決まれば今住んでいる賃貸マンション、アパートの契約を解約することが必要になります。
マンションによって違いますがだいたい1ヶ月前までには連絡しなければいけないところが多いです。賃貸契約をした際にもらった賃貸契約書に記載されていますのでそれを見るか
不動産屋さんに解約をしたい旨の連絡を入れるのがいいです。
もしも連絡が遅れるとその分余計な家賃を払うことになってしまいますので最低でも1ヶ月前には連絡するようにしましょう。
次にすることは引越し業者の決定です。
見積もりを頼んで一番いいと思った引越し業者に決めます。
これも早めにしておいたほうがいいでしょう。
そして一番大変とも言える荷造りも開始することが必要になります。

使わないものはどんどん梱包用ダンボールに入れていきましょう。
全部梱包し終えたらダンボールの中身をマジックで書いておきます。
割れ物などは目立つように大きな字で書いておきましょう。

荷造りを始めますと不要なものが結構あることに気がつくはずです。

小さいものはゴミ袋に入れて大きいものは粗大ゴミとして出すことになります。
粗大ゴミの場合は粗大ゴミ処理センターから有料で回収してもらうこととなりますので
ネットか電話で収集日の予約をします。
自分で処理センターに持ち込むということも可能です。

他にも役所や郵便局に出向くことも必要です。役所ではや転出届や印鑑登録、国民年金の住所変更
などが必要です。事前に役所に連絡して引越しをする場合には何が必要なのかを聞いておくのがいいです。郵便局では転送届を出さなければいけません。

また水道、電気、ガス会社にも連絡を入れる必要があります。
引越し当日日に止めてもらい引越し先で使用開始ができるように伝えておきましょう。

インターネットを利用している人は解約の手続きあるいは引越し先でも継続したいことを
伝えます。

プロバイダ会社によってはキャッシュバックキャンペーンなどをしているところも多いので
新たに申し込む方がお得かもしれません。

引越しにはやるべきことが多いですのでなるべく効率的に済ませることが大事です。