なぜブックメーカーで稼ぐことができる人とできない人がいるのか?

ブックメーカーでは「稼げる人vs稼げない」ユーザーの間で、賛否がわかれています。
稼げる人と稼げない人の違いを比較すると、わかりやすい違いがわかりました。

稼ぐ

稼げる人は、まず情報を収集します。
どのようなことであっても、ブックメーカーで勝つための情報を収集することを重視して活動しています。活動範囲はTwitterやLINEなどのSNSにとどまらず、掲示板やファンサイトなどの情報サイトを大量に閲覧して賭けを行っているので、非常に勝率が高いです。

ブックメーカーで稼げない人は、目先の投資額にばかり執着して、誤った情報を掴んでしまい、オッズの高い試合に賭けてしまうことが問題です。本来、ブックメーカーは1回の投資で稼ぐ額よりも、勝率をより重視して稼ぐべきです。

比較するとその差は一目瞭然で、一方は情報収集をしている間に、なけなしのお金を使用して、ブックメーカーをプレイしているのです。だから負けることも多々あり、そのために資産をすり減らしてしまうのです。

運に頼らず情報収集をしてブックメーカーへ投資する

ブックメーカーで勝利するためには、何よりもたった1度の投資に執着しないことが重要です。事前に情報を収集し徹底的に情報を集めることによって、勝利の方程式が誕生します。そして勝率がアップされていくのです。

選手やリームの情報収集もなしに、投資を行うことはただの運でしかありません。ブックメーカーで勝つためには、どのような些細な情報であっても徹底的に収集することが重要なのです。選手のメンタル状況や、スキルの向上に関するニュース、スポンサーの影響力なども含めて、客観的に考慮する必要があります。それができる人とできない人の違いが稼げる人と稼げない人の違いでしょう。

たかがスポンサーの影響と思うかもしれませんが、スポンサーやチームの会長の影響で出場選手が変わるいこともあります。監督は勝たせることが目的ですが、スポンサーや会長は、勝利と同じぐらいチームの認知度や売り上げなど、マーケティングを気にしているのです。そのような考えから、実力ではなく、人気の高い選手を出場するように働きかけることもあるでしょう。

投資