控除率の数字が低いブックメーカー

ブックメーカー

控除率の低さは理論的に勝ちやすくするので、選択をする際には見ておくことは重要です。

配当率

ブックメーカーは、控除率が低いため割が良いギャンブルなので、そのほかのギャンブルを選択するよりもプレイヤーに有利なのでおすすめです。公営ギャンブルの王道の競馬は、控除率が25%もあります。そのため、還元率は75%で、その中で他の客と配当を取り合うゲーム性です。その点、ブックメーカーは控除率が約5%で、還元率は95%もあります。ブックメーカーでも競馬を扱っていますが、同じレースを対象としている時にオッズをそれぞれ比較するとその違いは明白になります。明らかにブックメーカーの方が、同じ予想でも配当が高くなっているため、同じ予想をするならこちらの方が勝てることになります。

還元率が高く設定できる理由は、コストを抑えて運営ができることが理由の一つです。ネットで投票する環境で、公営ギャンブルのようにレースを主催しているわけではないため、運営コストは抑えられます。また、世界中から参加者が集まるので、利益を抑えても十分に利益を上げることが可能です。その結果、高い配当を実現することができ、それは巡り巡って多くの参加者を集める好循環につながり、世界中から参加する人が集まってきます。

配当率の高さは、ギャンブルではとても重要な要素です。公営ギャンブルでも時折大きなリターンをもらうことができますが、もし同じレースをブックメーカーで予想することができれば、それ以上の配当が理論的に期待できるからです。そのため、ギャンブルで勝ちたい人は、理論天気には勝ちやすいこちらを選択しておいた方が、公営ギャンブルに投資するよりも勝ちやすいためおすすめです。

コスト